ABCネットニュース


(発行日 2012年2月9日) 編集・発行 株式会社 アサヒ・ビジネスセンター

代表取締役・税理士  坂部 達夫

  

 年金問題が新聞紙上をにぎわせています。将来の経済情勢の見通しが立たない中、確かに、もらえる年金の額が気になるところではあります。ただ、足下を見ると人口構成のピラミッドの底が痩せ細っています。具体的には、若年層が仕事に就けない社会環境になっており、年金が気になる年代は自分の事ばかり考えているわけにはいきません。立ち上がって時代の閉塞感を払拭する必要があります。

 
こんな話があります。マクドナルドを世界に広めたのはレイ・クロックといいます。当時ハンバーガーは雑肉とくず野菜が使われていましたが、その中でカルフォルニアにあったマクドナルド兄弟の店が純正牛肉を使ってとても繁盛していました。クロックはその店に飛んでいき、その場でフランチャイズの独占契約を結んだのです。そのとき52歳。クロックが苦労の末、全国展開を始めたのは60歳を過ぎてからです。
 いま、若い世代に期待するのは大事なことですが、この閉塞感を打ち破るためには熟年世代の勢いが必要でしょう。

 


今月のトピックス

確定申告 Q&A

松永 賢   嶋田 健吾

   

Q1.小学校に通う子どもがいますが、扶養控除にできますか?

A.平成23年分の所得税から、いわゆる子ども手当の支給に伴い、年齢16歳未満の扶養親族に対する扶養控除が廃止になったため、平成23年分の確定申告においては扶養控除の対象になりません。

  なお、年齢16歳以上23歳未満の扶養親族を対象とした特定扶養親族の控除についてもその適用範囲が縮小され、平成23年分より19歳以上23歳未満の扶養親族が対象となりました。



 

Q2.電子証明書等特別控除は適用できますか?

 

A.電子証明書等特別控除とは、納税者が確定申告書の提出を納税者本人の電子署名等を付して、その年分の確定申告期限までに、e-Taxを利用して行うことにより、所得税額から4,000円の控除を受けることができる制度のことです。
 
 平成23年度税制改正で、2年間の適用期限の延長がされております。平成23年分では4,000円、平成24年分は3,000円に引き下げるとされています。
 ただし、既にこの制度を一度適用している場合には、再度の適用は受けられません。

 電子署名の詳細については、公的個人認証サービスポータルサイトをご参照ください。

 http://www.jpki.go.jp/




Q3 小売業を営んでいる個人事業主ですが、消費税の課税事業者となりました。本来の事業とは別に所有するマンションを事務所として貸し付けた場合には、消費税は掛かりますか?


A.消費税は掛かります。消費税の課税事業者である個人事業主の方が、本業とは別に不動産貸付を行っている場合、その貸付が事務所や店舗など事業用としての貸し付けであれば、課税売上となり消費税が発生します。

 なお、土地のみの貸付、または住宅用としての不動産貸付による賃貸収入は、消費税法における非課税売上に該当しますので、消費税は掛かりません。




Q4.親から住宅取得資金1,000万円の贈与を受けたのですが、住宅借入金等特別控除を受けることはできますか。贈与を受けた全額を実際に家屋の取得に充てています。


A.可能です。しかし、贈与税の特例(注)の適用を受ける場合には、住宅借入金のうち、住宅の取得価格から贈与を受けた取得資金の額を差し引いた額が住宅借入金等特別控除の対象の上限となります。

   
   家屋の取得費 3,000万円

   住宅資金の贈与を受けた額  1,000万円

   金融機関からの住宅借入金  2,500万円

 
 この場合、借入金は2,500万円ありますが、住宅借入金等特別控除の対象となる借入金の金額は、住宅取得費3,000万円から贈与された1,000万円を差し引いた2,000万円となります。


(注)直系尊属から住宅取得資金を贈与された場合、一定の要件を満たせば贈与税が非課税となる制度。     


私の部屋    「 居 場 所 」

  

 四十数年ぶりに自分の机を買いました。家族4人が自分の部屋と机を持っていますが、「お母さんが一番いる場所は台所だから好きにしていいよ。」との有難い言葉で、ダイニングのテーブルが私の作業場でした。でも、食事の度に端に寄せたり、来客の都度片付けたりと落ち着きませんでした。寝室のベッドを主人とくっつけ、何とかスペースを作り出しました。もう嬉しくて、通販でラグを買い卓上カレンダーやミニ盆栽、写真を飾り、せっせと巣作り進行中です。タイトル通り私の部屋、居場所です。 

あとがき
 娘が通う小学校のPTAの関係で、3カ月に1回程度、朝の通学路に立って登校を見守る当番が回ってきます。そこで感じるのが最近の小学生の元気のなさです。学校生活のほかに、習い事やゲームなど心身ともに疲れているのかもしれません。でも挨拶ぐらい元気よくしようよと思い「おはよう!」声を掛けたのですが、一方で大人がお手本になるような挨拶が出来ているだろうかと思い返した先日の当番でした。(坂本)    

(編集者:小高・高田・坂本・佐藤・坂部啓)

前のページヘ戻る

HOME

前のページヘ戻る
前のページヘ戻る