ABCネットニュース


(発行日 2015年1月9日) 編集・発行 株式会社 アサヒ・ビジネスセンター

−平成27年 年頭所感−

代表取締役・税理士  坂部 達夫

 新年明けましておめでとうございます。
 


 年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年も皆様方のご健勝とご発展を祈念いたします。

  
 昨年は事務所創立25周年の節目の年でした。新たに3名のスタッフを迎え、経営計画発表会などのイベントを行い事務所・会社が活性化への大きな一歩を踏み出したことを意識した1年でもありました。

 
 世の中のさまざまな分野で技術革新が行われ、とりわけネット環境の変化が生活やビジネスに大きな変革を突きつけています。その中にあって、我々の仕事のあり方などについても当然のように見直しを迫られます。事務所においでになった方はご覧になったと思うのですが、スカイツリーを背景とする会議室の窓の一部に「質の高い税務・会計・経営サービスの提供により、顧客の安心と成長を実現する。」というシールが貼ってあります。
 これが、我が社の経営理念なのですが、その意味するところを少しお話しさせていただこうと思います。

 まず「顧客」です。私どもの税務や経営サービスの対象先は中小企業と個人に区分されますが、視線の先にあるのは経営者や従業員、そして、その家の家長やご家族です。

 つまり、「感情や理性あるいは悩みや苦しみを持つ人」と考えています。悩みや苦しみのすべてを引き受けることはできませんが、私どもの専門領域である経営や税務・会計の範囲で、サービスを提供させていただいております。そして、その提供するサービスの目的は、現在関わっている人たち、さらに今後関わるであろう人たちの安心と成長を実現することにあります。
 よく言われるのは、「安心は安定と同意義でしょ。そこに安住してしまうと自らの変化を嫌ってイノベーション(革新)を起こせず成長ができなくなる。安定とイノベーションの相克を打ち破る方法を提案するという意味ではないのですか。」というものです。

 もしそうならば「安心と成長の提供」とします。弊社の理念としての「安心と成長の実現」はもう少し深いところにあります。安心と成長は経営者を含めた一人一人が持っている「種」だと考えます。 それを私どもの専門サービス分野において、カラを一緒に取り除いて取り出した種を蒔くという想いを表現しています。
 時間と空間から成り立つ社会は、その一瞬の存在のみが真実で、それ以外は手探りで何一つ思い通りにはならないといわれています。悩みや不安や懼れ(おそれ)は、種を取り巻くカラとなってその人の持っている成長の可能性を著しく阻害します。
 これらのカラを取り除くために、具体的にどうするのかというと、私どもには2つの専門サービスの充実が要求されます。一つは税法及び関連諸法規のコンサル。もう一つは経営のコンサルです。法律を扱っているものは、法律の存在について「予測可能性・法的安定性」を強調します。
 

 当然、法律などの依って立つものがなければ、商売や生活は混乱するばかりです。実は経営も同じで、取引先や債権者あるいは社員に対し、依って立つものを指し示すことによってはじめて経営の安定を図ることができます。経営の予測可能性・安定性を担保するものが「経営計画とその検証をするためのモニタリング」になります。  私どもが原則毎月お伺いする巡回監査は、税務コンサルと経営コンサルを満足させるための手法と考え、その年度報告が決算と税務申告になります。しかしながら、本質的な業務は「相談業務」であると理解し、そのために「課題の把握、根拠の収集と報告」を重要視しています。  

 会社の帳簿に関しては、細心の注意を払いつつ業務改善等の技術を使ってご指導させていただき、その上で、税務コンサルと経営コンサルの業務を展開してまいります。  それが、顧客の安心と成長の実現の礎になり、問題解決型の仕事になっていくのです。つまり税務コンサルや経営コンサルにより、お客様の不安や懼れを諦らか(諦めるという意味ではなく、明らかにつまびらかにするという意味)にすることにより、安心と成長の実現に貢献するというのが我が社の経営理念なのです。  

 
 会議室の窓のスカイツリーと「安心と成長の実現」の文言を見るたびに、気を引き締めているところです。



私の部屋    「 はじめまして 」

 昨年秋に入社いたしました、佐藤薫(さとうかおる)と申します。
 小さい頃から、自営業を営む父、母を見て育ち、仕事をしていく上で「人」、「縁」を大切にすることを学びました。毎月の月次監査を通じて、顧問先様から困った時に、真っ先にパッと顔が浮かぶ様な存在になれるよう日々努力していきたいと思います。
 趣味は、週末に「剣道」をやっております。10歳の頃から始めた剣道も20年を超えました。小さい子からご年配の方々と一緒に稽古をし、汗を流した後のビールは最高です!
 仕事でも良い結果を残し、おいしいお酒を飲めるよう頑張っていきたいと思います。それでは、よろしくお願い申し上げます。

あとがき
年末に帰省して、元日は雲一つない青空に富士山を見ることができ、一年の初めにとても清々しい気持ちになりました。一年の計は元旦にあり!この清々しさを忘れないように頑張りたいと思います。みなさまにおかれましても 清々しく素晴らしい一年でありますようにお祈り申し上げます。(梅) 

前のページヘ戻る

HOME

前のページヘ戻る
前のページヘ戻る