ABCネットニュース


(発行日 2015年4月8日) 編集・発行 株式会社 アサヒ・ビジネスセンター

代表取締役・税理士  坂部 達夫

 

 4月、新入社員を迎える季節です。私は最初に「こんな職業人を目指してくれ」という話をします。それは、三段重ねの餅のようなイメージです。
一番どっしりしている部分が、「人」としての基本部分で、「正直で謙虚であること」「粘り強くあること」「物事に関心を持つこと」の3つです。
 その上に重なるものが、社会人として身につけるべき「対人感受性」と「論理的な思考力」で、これは身の回りの整理・整頓と挨拶で磨けると申し添えます。
 さらに税理士業務という会計的かつ法的な専門領域を扱うため、「リーガルマインド」と「財務・税務・資金」に強くなる必要を説きます。もちろんこれは、私も含めたところの税理士事務所という専門サービス業における理想像です。奉仕的な専門性を身につけたら、どこでも食べていけるよと言っています。これはあらゆる職業に通じるものだと思っています。


今月のトピックス


< 顧問先紹介 - 魚がし鮨文 様 >

今回ご紹介する顧問先は、築地市場場内にあります「魚がし鮨文」さんです。築地といえば、日本全国はもとより世界中の海から新鮮な魚が運び込まれてくる世界最大の取引量を誇る卸売市場です。その中でも、場内で働く市場関係者や仕入に訪れた料理人などの食のプロが食事をするのが築地場内にある通称「魚がし横丁」。この一角に「魚がし鮨文」があります。


1.魚がし鮨文の伝統

 市場がまだ日本橋にあった頃に屋台からスタートし、創業して約160年になる築地の中でも老舗中の老舗です。現在は四代目の女将が社長となり、娘さんが五代目として営んでいます。創業当時より旬で最高の食材にひと仕事を施した江戸前鮨の味を守り続け、その代表格となるのが煮物です。穴子やアワビ、ハマグリなどから煮汁をとり、創業以来、継ぎ足し作られ続けてきた秘伝の煮詰めが出来上がります。この煮詰めは、戦時中には掘った穴に埋めて守りぬいた大切な一品なのです。



2.魚がし鮨文の光景


 カウンター席が12席あるだけの決して広くはない店内は、常にお客様で賑わっています。そして扉の外には、今か今かと待ちわびているお客様で行列が出来ている。これが魚がし鮨文のお馴染みの光景です。それもそのはず、テレビや雑誌などで数多く取り上げられる有名店なので日本全国にファンが存在し、ここ数年は築地という土地柄、海外からの観光客も多数訪れるようになりました。「外国の方の接客は大変なのでは?」とお思いでしょうが、五代目はアメリカへの留学経験があり英語が堪能なので、威勢のいい日本語と英語が飛び交う、実に国際色豊かな光景が見受けられます。



3.魚がし鮨文のおすすめ


 魚がし鮨文で是非おすすめしたいのが「おまかせコース」(税込3,850円)です。旬のにぎり十貫に、巻物、玉子焼き、汁物があり、1つ1つのネタが大きく、雲丹は溢れんばかりに盛られています。そして、なんといっても名物は穴子です!築地に入ってくる多くの穴子の中から最上級の穴子を厳選し、これを職人の技で調理します。そして前述した秘伝の煮詰めが塗られた穴子は、ふわっとした柔らかさと煮詰めの旨味が絶妙です。この穴子を初めて食べた時は、「今まで食べていた穴子は何なの?」と驚きと感動でした。普段はあまり食に対してこだわりが無い私は、並ぶくらいなら食べなくてもいいとさえ思うのですが、「並んででも食べたい」唯一のお店です。是非、昔ながらの美味しい江戸前鮨をご堪能下さい。


所在地:東京都中央区築地5-2-1-8号館(魚がし横丁)
電話:03-3541-3860
営業時間:6:00~14:30
休業日:日曜日・祝日・市場休日
予約:不可


[ 小高 誠和 ]

私の部屋    「 伝 え る 技 術 」

 エレベーターピッチという言葉をご存知でしょうか?
ピッチとは、「売り込む」という意味で、エレベーターで偶然乗り合わせたような条件下でも相手に自分に興味をもってもらえるような話術を言います。ITベンチャーが多いアメリカ・シリコンバレーから生まれた言葉で、時間にして30秒、文字数にして250文字程度の情報量で相手に自分の言いたいことを伝える方法です。
次のようなポイントを意識しながら、簡潔に説明をすることが大事です。
・明快な結論
・自分が提供するサービスによって解決する問題
・相手に意思決定して欲しいこと
 30秒という時間に意識がいきがちですが、本質は周到な事前準備にあります。普段から自分の考えをよく練りあげておくことで、シンプルでありながら力強く訴求力の高いメッセージを咄嗟に伝えることができるということです。
 忙しそうな上司に仕事の報告をしたい場合など、なにかと応用が利きますので皆様も是非試してみて下さい。

 

あとがき
 先月、沼津のお客様から、庭先で採れたフキノトウをいただきました。早速天ぷらにし頬張ると、独特な香りとほのかな苦味が絶妙で、この苦味が春を告げているようでした。フキノトウには、肝機能の強化や高血圧、発がん物質を抑制する効果があるそうです。季節を感じながら、その時期に一番美味しい旬の食材をいただき、健康でいられたら最高に幸せです。(高田)
 

前のページヘ戻る

HOME

前のページヘ戻る
前のページヘ戻る