ABCネットニュース


(発行日 2015年9月3日) 編集・発行 株式会社 アサヒ・ビジネスセンター

代表取締役・税理士  坂部 達夫

 企業経営の後継者選びは難しい。長年経営に携わっている人たちにとっては、最後の大きな経営課題といえるでしょう。
自分が年をとるということ、すなわち自分の有限を感じ、無限の経営の存続に自らの思いを託す、そんな思いなのでしょう。 経営者の資質とは何を言うのか。真摯さ、構想力、包容力、業績に対する執念など無限にあるのかもしれません。
 日本経済新聞の経営者特集で、日本電産の永守社長は「経営者には様々な困難があるが、自ら楽しんでそれを乗り越えることが大事」という趣旨のことを述べていました。様々な人の想いが集約される経営、それを楽しんで乗りこなす力量が後継者には必要というのは当に云い得ていると思います。


今月のトピックス

クラウドファンディングという資金調達方法

中小企業診断士 伊藤 恒人


1.クラウドファンディングとは

 アベノミクスの日本再興戦略にも組み込まれている「クラウドファンディング(CrowdFunding)」という資金調達方法が注目されています。インターネットを経由して、個人や企業が、製品・サービスの開発などのために、不特定多数の人々から資金を調達する仕組みです。crowd(群集)からfunding(資金調達)するという意味で作られた造語です。
 この仕組みを実現するために、クラウドファンディングのサイト運営者がいます。資金調達したい人または企業は、製品・サービスの開発企画をプロジェクトとして、そのサイトに掲載します。そして、一定期日までの間に、プロジェクトに共感する人が支援者となって資金を提供します。目的の資金が集まった時点でプロジェクトが成立し、プロジェクトの起案者は、集まった資金をサイト運営者から受け取って、それを元手にプロジェクトを実行します。目的の資金が集まらなかった場合はプロジェクトは実行されず、集まった資金は支援者に返金されるという仕組みです。
 支援者はサイト上に掲載されたプロジェクトの情報の中から、自分が支援したいプロジェクトに資金を提供し、プロジェクト実行後は状況の報告を受けたり、見返りとして商品、サービス、貸付金利、出資配当金などを受け取ります。



2.クラウドファンディングの種類

(1)寄付型
 プロジェクトに対して出資を行いますが、リターンは発生しません。通常の寄付と異なり、寄付したあとのプロジェクトの状況が報告されるなど透明化されるというメリットがあります。
(2)購入型
 支援者がプロジェクトに出資することのリターンとして、金銭以外の商品やサービスを受け取れるというタイプです。支援者はリターンに魅力を感じてプロジェクトに出資する場合が多いので、魅力的なリターンを用意することが重要な要素になっています。
(3)投資型
 投資型は金融商品取引法の規制の下に、以下の3つのタイプがあります。
①貸付型
 資金を集めて融資を実行するもので、リターンは金利になります。支援者はサイト運営者が設置する匿名組合を通じて、事業者に貸付ける仕組みになっています。
②ファンド型
 資金調達を行う事業者が定めたスキームに従って、支援者が出資しリターンとして配当を受け取るタイプです。調達事業者に設置される匿名組合を通じて出資を行います。
③株式型(エクイティ型)
 事業者の非上場株式に投資するタイプです。利益に対する配当および株式上場によるキャピタルゲインがリターンとして期待できます。このタイプは規制されていましたが、今年5月、金融商品取引法の改正によって一定の条件付きで解禁されました。


3.リスクの問題

(1)資金調達者にとって
 コストとして発生する主なものは、サイトに掲載する素材の準備と制作費用、サイト運営者に対する手数料(15%~20%程度)、リターンの金銭または商品・サービスの費用、プロジェクト実行時の支援者へのサポート費用などがあります。サイト運営者の選択もリスク対象になります。
(2)支援者にとって
 プロジェクトが開始されても、プロジェクト自体が失敗し、出資の対価を受けられない場合、また、想定された対価と完成した対価が異なる場合などがあります。さらに、プロジェクト起案者だけでなく資金を預けるサイト運営者の信用もリスクを考慮する上で重要です。


4.市場規模の拡大

 矢野経済研究所の調査結果によると、2014年度の国内クラウドファンディングの市場規模(新規プロジェクト支援額ベース)は、前年度比59.5%増の197億1200万円と拡大し、今後、ネット証券の参入など市場規模は拡大傾向にあるとして、2015年度は同43.9%増の283億7300万円と見込んでいます。世界市場ではさらに急拡大しています。
 

~ 坂部会計からのお知らせ ~

    その1 ゴルフコンペを開催します!                      

来る11月12日(木) 千葉県成田市の大栄カントリー倶楽部にて、日頃のご愛顧に感謝申し上げるとともに、皆様方との更なる親交をはかるためゴルフコンペを開催致します。ゴルフ好きの皆様に多数ご参加頂きますよう心よりお願い申し上げます。
                                             

     その2 囲碁同好会が発足します!

ご存知、白黒の碁石を交互に碁盤に置いていくゲームですが、その世界は宇宙といわれるほど奥深いものです。この度、講師の方にご指導いただけることになり、同好会発足の運びとなりました。第1回目は当事務所会議室で10月5日(月)午後6時からです。費用は掛かりませんので、ご興味のある方は奮ってご参加ください。

                                         
ゴルフコンペ・囲碁同好会ご参加希望の方は、坂部会計スタッフもしくはホームページのお問い合わせフォームにてご連絡をお願い致します。


あとがき
 世界陸上北京大会、9日間に渡るトップアスリートたちの戦いが終わりました。日本勢は力を出し切れず予選敗退となる中、競歩の男子選手が銅メダルを獲得し、今大会唯一の表彰台となりました。私はテレビの前で思わず万歳をしてしまいました。世界のレベルの高さを前に、日本陸連の掲げた目標は達成することができませんでしたが、来年のオリンピックには、心身ともに鍛えて、一人でも多くの選手が入賞そしてメダル獲得できることを期待しています。(高田)

前のページヘ戻る

HOME

前のページヘ戻る
前のページヘ戻る